中筋CO・CO倶楽部

中筋地域コミュニティの活動

2019年

 しめ縄・リース作り教室開催!(^^)!

[2019/12/23]

12月22日(日)中郷 丸岡 勲さんを講師に

午前の部 しめ縄・ごぼう

午後の部 しめ縄リース  を作りました(^O^)


 

 

お正月に向けて、皆さん真剣な面持ちで作成されていました

 

特に引野区では、「今年は自分たちで作ろう!!」

午前中に講座を受講し、午後から自地区でしめ縄づくりを

されたようです(*^_^*)

出来栄えは、≪バッチリ≫(^_^)v とのことでした

    

 

しめ縄リースでも、親子や友達二人一組で力を合わせ

素敵なリースが完成しました

    

しめ縄リースと土鈴は、25日9:00~今年最終の

水辺公園水曜野菜市で限定販売いたします

興味のある方は、お立ち寄りください ( ^ω^ )

 

では、皆さま良いお年をお迎えください

 他地区からの視察団を次々受け入れ !(^^)!

[2019/12/05]

この秋頃から、他地区からの視察研修依頼が立て続けにあり

"少しでも役に立てるのであれば"と視察の受け入れをしています。

 

  10月16日(水)久美浜町公民館連絡協議会より

         久美浜地域公民館長 他 16名

  11月15日(金)佐用町江川地域づくり協議会より

         玉落学園 35名

  11月29日(金)佐用町江川地域づくり協議会より

         下在自治会長会 7名

         地域おこし協力隊員 他 2名

  12月9日(月)香川県高松市より

         川岡校区コミュニティ協議会 30名

 

 

 

 研修内容 

 <課題

   少子高齢化・人口減少 ⇒ 自治機能の低下

                 自然環境の悪化

  〇 協議会(=コミュニティ)の存在意義(認知)

               ⇒ 住民の帰属意識が強い

                (してもらうのが当たり前)

 どこの自治体も抱える悩みは同じようです。

 

・地域おこし協力隊を含む若い世代の移住者をどう増やしていくか

・地域資源をどう活用するか

・自治防災をどう考えていくか

 

これらを解決するには、どうすれば?

 

どの問題も、地区民全体がどのように協力しあい、

地域の盛り上がりを高めるかが重要となります。

 

また、どの団体も中筋の自主防災に関心を持たれていたようで

地域の災害対策や避難所運営マニュアルについて

多くの質問を受けました。

 

 令和元年度なかすじ文化まつり開催!!

[2019/11/11]

11月10日(日)盛大に中筋の文化まつりが開催されました。

文化まつりになって二年目!

心配された雨も、朝にはすっかり晴れて

気持ちのいい天気となりました。

体育館の中では、各団体のステージ演目や

作品展示・出展ブースでにぎわい、